指定通所介護事業所

生活に笑顔を取り戻すシニアトレーニング

『歳をとっても寝たきりにないたくない!』

『いつまでも若々しく元気でいたい!』

『いくつになっても自分のことは自分でしたい!』

人は皆そう願うものです。

『内外同治』は平成22年9月に静岡市葵区にリハビリ特化型の通所介護事業所として設立されました。

その介護予防プログラムは、整形外科医である宮田医院院長宮田重樹氏がリハビリで培った臨床技術を介護予防の為に確立した運動技術を基本としております。

 

整形外科医宮田重樹氏が自身の医院での養生の知識と実践をもとに、要支援から要介護度の高い方にでも日常生活動作を維持・改善させることができる安全かつ効果的な指導・サポート方法を確立し、ADLサポートプログラム(重介護予防サポートプログラム)をさまざまな施設で使用されることを想定してパッケージ化されました。

 

一般的な筋力トレーニングだけでなく7つのカテゴリーを交えて指導し、日々の生活の中に取り込んでしまうことで自然と自立体力を向上させることを目的とした(重)介護予防型のデイサービス施設です。

 

特徴は、マシン等特殊な道具を使わないので安価で自宅でできる、そしてその効果的なトレーニングメニューを日々の生活の中に取り組んでしまうことで自然と自立体力を向上させ、日々の生活を楽に行えることができる、力が弱った高齢者でもできる動作指導を行うので早期に日々の生活動作改善が期待できることです。

高齢者の方がいつまでも元気で自立した日常生活が送れるようにサポートします。

 

 

 

 

 

 

基本コンセプト

老化を防ぎ、生活活動能力を保持するために必要なことは

『運動』 『栄養』 『健全な思考』 です。

その中でも特に 『運動』 がとても大切になります。

『運動』の中でも特に重要なのが『筋持久力』で、活動的な生活を過ごしていないと低下し、ちょととした家事をするのも大変になります。

下肢体幹筋力が低下すると立ち座り、歩行などの日常生活動作がスムーズに行えなくなります。

バランス機能が低下すると転倒しやすくなり、立ったり歩いたりすることに不安を感じる様になります。

自立した生活が送れなくなる生活機能水準を寝たきり前段階とすると、寝たきり前段階に近づいた人が怪我や病気で寝込んでしまうことをきっかけに寝たきりになってしまいます。

寝たきりにならない様にする為には、常日頃から元気な老後を過ごす為の準備が必要です。

しかし、どうしたらいつまでも元気で自立した生活を送れるのか解っていない人たちが多いのですが、これを実践していく手段が介護予防です。

内外同治の名前の由来

体の外から(外治法)だけでなく、体の中から(内治法)も治療することを基本とした中国伝統医学の理念です。その相乗効果により、高い効果が期待できると言われています。その考え方に共鳴し、事業所名とさせていただきました。

指定通所介護事業所

NAIGAI DOUCHI 竜南

〒420-0804 静岡県静岡市葵区竜南1丁目6-5

TEL 054-297-3380  E-mail:ryunan@naigaidouchi.com